私は体を動かすのが大好きで中学・高校と運動部に所属していました。でも常に優勝、常に勝ちを求められることに大きなストレス・プレッシャーを感じていました。目標に向かってストイックに追求できる人は素晴らしいです。でものんびり屋の私にはただただ苦痛でしかなかった。おかげで私はスポーツが嫌いになってしまいました。

体を動かすのは純粋に楽しく気持ちいいものです。健康的に運動できたらそれだけで幸せ。それでいいじゃないですか。ゆる~く長くスポーツと付き合う。それが一番だと思うんです。

そんな私が出逢ったのがクライミングでした。シューズさえあればできる手軽さ。誰とも競わない心地よさ。トライも休憩も自分のペースでできる気楽さ。そして得られる達成感や充実感は日頃のストレスや小さな悩みを吹き飛ばしてくれました。くよくよ悩みがちな私にはピッタリ。これこそ一生付き合えるスポーツだ!と思いました。この感動をみなさんにも経験して欲しいです。


次のページは → ご用意いただくモノ・こと