傾斜壁がリニューアル

ミキペディア

傾斜壁の課題が新しくなりました!

今回のゲストセッターはクライミングジム「ライノ アンド バード」の店長 植田幹也さん! 人気ブログ「ミキペディア」の著者として有名なお方です。クライミングに関することを多岐にわたって深く分析し わかりやすく解説してくれる、非常に勉強になるブログです。まだ読んだことのない方は、上達方法などの記事もあるのでぜひ読んでみてください。きっと「なるほど~」と唸ってしまいますよ。クライミングの奥深さに気が遠くなりかけますが、楽しさも倍の倍に膨らむはずです! 雑誌ROCK&SNOWでも連載コーナーをお持ちです。

ミキペディア

植田さんのセットは完成度がすごく高くて 本当に本当に素晴らしかったです。バリエーション豊かで、本能をくすぐるような打ち込みたくなる課題ばかり。3年近く毎月いろんなセッターさんとご一緒させていただいておりますが、トップクラスでした。セット中のおしゃべりも楽しいだけじゃなく、聡明な意見に感服することばかり。とても刺激的な一日でした。

植田さんが帰られた瞬間、同時に出た ため息。はぁ~♥
ユウスケ「すごい人だったね…」
キヨコ「素晴らしかったね…」
ふたりとも目をハートマークにしながら植田さんのすごいところを言い合いました。これはもう恋かもしれません。

植田さん課題:10本
ユウさん課題:14本
キヨコ課題:6本 の合計30本です!いっぱい登ってね♪

ホールド替え

以前、河又の岩場で仙人っぽい人を見たことがあります。白い作務衣に長いひげ、ロープを直接腰に縛り、はだしで岩を登る姿はまさに仙人…。シューズなしで登るのってめっちゃ大変なんですよ。足指の力が相当強くないとできません。植田さんはセットの時、足袋型の靴下で登ってました。…仙人かと思いました。

※良い子は必ずハーネス・シューズを使用しましょう。