南紀 クライミング旅 (2)

南紀クライミング旅

キヨコの趣味は夜明け前のジョギング。いきなりクライミングの人(前ページ参照)は観光に興味がないので、見たいところがあったら朝のジョギングで行くしかありません。

宿の近くに世界遺産 熊野古道の馬越峠(まごせとうげ)があるので、そこを走ることにしました。

街頭もない山道。日の出の1時間以上前なのでまだ真っ暗です。月明かり・星明り・足元を照らすヘッドランプの明かりで進みます。

南紀クライミング旅

風の音も波の音もしない しんとした世界。星がきれいです。

昔の人はこの道を通って熊野の神様に会いに行っていたんですね。

少しずつ明るくなってくると、ヒノキ林の美しさが浮かび上がってきました。でもここでタイムアップ。6時半の朝食に間に合うように帰らないといけないので、道半ばで引き返しました。

ダッシュで下山。

南紀クライミング旅
途中の展望台から、尾鷲の夜明け。
南紀クライミング旅
暗くて見えないけど、シダと石畳。たぶん。

朝食を食べながらパンフレットを見たら
「馬越峠:熊野古道で最も美しいとされる石畳とヒノキ林」と書いてありました。…明るい時に行きたかったなぁ。

朝食を食べたら岩場へGo!
本日の岩場は『神須ノ鼻』(こうずのはな) です。

南紀クライミング旅
岩場へ! 椿の森を抜けて。
南紀クライミング旅
海が見えた!
南紀クライミング旅
切り立った崖の上に到着。
南紀クライミング旅
ユウさんがロープを設置して
南紀クライミング旅
懸垂下降で崖を降ります。

キヨコも続けて降りてみると…
おお!なんとダイナミックな岩場!
すごーい!海外へ来たみたい。

南紀クライミング旅
先に降りたユウさんが あんなに小さい。た、高い!
南紀クライミング旅
『柱状節理』の岩場。溶岩が冷えて収縮するときに柱のような形が形成されるそうです。
南紀クライミング旅
お天気も最高! 暖かな日差し、涼しい風。
南紀クライミング旅
クラックだらけの岩場です。
南紀クライミング旅
人間って ちっぽけだなぁ。
南紀クライミング旅
ホールドなし。クラックだけを使って登る。
南紀クライミング旅
ユウさん ことぶき左(5.11-) 完登
南紀クライミング旅
いはくら(5.11+) 本気トライ失敗。ぴえーん。
南紀クライミング旅
写真は少ないですが、たっぷり登りました。

15時、まだ余力を残して帰路につきます。なぜなら朝、懸垂下降で降りた崖を登って帰らなくてはいけないから。しかも難しいルート。2ピッチのマルチピッチで登りました。

南紀クライミング旅
1ピッチ目、キヨコ苦戦。でも登らなければ帰れない…。

手がパンプしちゃってて、なかなか登れない。足もガクガク。クラックばっかりだし。ホールドが恋しいよー。

やっとのことで1ピッチ登り、ほっとしたのも束の間。2ピッチ目は超難しいクラック。疲れた体をごまかしながら、ビレイヤーとの共同作業でやっとのことで登り切りました。2時間くらいかかっちゃった。

めっちゃ疲れた~。宿に戻って海の幸でエネルギーチャージして コテっと寝ました。

つづく。